FC2ブログ
連日の、辛いニュースに心が痛い。

大津のいじめ問題・・・

子を持つ親としては、人事でない。

連日、新たな事実として報道され

それが、事実だとすれば・・・・

もはや、「いじめ問題」なんて中途半端な呼び方では済まされない。

完全な少年犯罪。

被害者のご両親は気がつかなかったのか? と思ってしまうが、

果して、自分はどうだろうか?

わが子の性格なら隠すかな・・・?とか考えてみた。

いじめられる=弱っちいとか思っているのか、子って言いたがらない。あと、心配させたくないからとか。

実際、しょーもない事で仲間外れにされて、子ながらに辛い経験をした事があったらしい。

その時も、解決してからの事後報告だった。

どのように解決したかは、子もよくわからないらしい。

そいつと、話し合ったわけでもない・・誰かが助けてくれたわけでもない・・・

「なんで私があいつに仲間外れにされなあかんねん。勘違いすんな。こっちからあんたなんか遠慮するは・・。」

と、開き直った。と言っていた事を思い出した。

「なんでやねん。」と相手のせいにしてしまったら、あほらしーとなったようだ。

ケースは、さまざまだろうけど、

逆に、加害者の親だったら・・・もっと気が付きにくいだろう。

たいてい「いじめ・・・」とかは、「うちの子いじめられてないだろうか?」

と考えがちだが、「うちの子、いじめてるのかな?」 

とは、なかなか想像しないだろう。

しかし、子供は結構 残酷なものです。

子は、学校なんかでも「いじめられている子の気持ちをかんがえろ・・・・」とか、こんこんと言われるだろうが、

大人も、うちの子は被害者になるかもしれない・・・と思うと同時に

加害者になるかもしれない・・・と想像しないといけないですよね。

先生方にこそ想像してもらいたい。、目の前の いじめられている子が自分の子だったら・・・どうする?

全力で守りますよね。

連日テレビで、言い訳ばかりしている教育関係者・・・お年を召されてるようですが、

お孫さんだったらどうしてあげますか?と聞きたい。

想像力もないのに、教育者なんて恐ろしい。


いじめられ、我慢した奴の方が強いに決まっている。

誰でもいいから相談して、声を出して、SOS電話して・・・第三者機関に相談を・・・

そんな声もたくさんあるけど、声を出せる人はまだいい。少しは元気な心が残っているということだから。

辛い経験が積み重なって、心が弱っている人は、声にだせないんです。

だから、自分ひとり背負って、悲しい選択をするのです。

強くなれ・・声を出せ・・は届かないのではないでしょうか。

いじめられている人は、弱い人間ではない。

そんな、強いあなたには生きていてほしい。

いじめる人間が、100パーセント悪いのだから。



大人の世界でも存在する「いじめ」

まず、おとなが襟を正せ!!!子供は見ている

おとなの姿。


いじめなんていう、日本人らしい うやむやな言葉で、風化しませんように

強く強く願います。

















スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://aizumi1123.blog.fc2.com/tb.php/29-8b412ad6